回転子の選定について

HOME > お役立ち情報 > 回転子の選定について
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

回転子の選定について 

スターラーで溶液を撹拌する場合、機種選定だけではなく付属品と思われがちの回転子についても十分検討する必要があります。回転子は数多くの形状とサイズがあり、使用するスターラーの内蔵磁力やS極とN極の間隔、溶液の種類・容量・粘度、容器内底の形状(平底、丸底、R底や二重底)、回転数、沈殿物の有無など様々な条件下に応じて使い分けると効果的です。
うまく撹拌できない場合はスターラーの買い替えや撹拌条件の変更を検討する前に、一度回転子の形状やサイズ変更をご検討ください。撹拌条件に適さない回転子を使用すると、うまく撹拌効果が得られないだけではなく、脱調(飛び跳ね)により容器の破損、ひいては事故の原因となります。
下記にご使用条件や用途ごとに推奨品をまとめておりますので、ご選定の参考にご活用ください。

回転子セレクションガイド


※参考情報であり、使用条件(スターラー、回転数、容器形状や溶液の容量・粘度)により適さない場合があります。

回転子ご使用時の注意事項

  • スターラーの急な高回転設定は脱調(飛び跳ね)の原因となるため、回転数は少しずつ上げてください。また高回転に設定するほど回転子の回転軸がずれやすく脱調するため、特に底面が内側に盛り上がっているR底容器は注意が必要です。
  • 高回転設定での撹拌やスターラーと回転子の引き付け磁力が強力であるほど回転子外装の摩耗が早まります。回転子は消耗品のため、外装が摩耗した物や磁力が劣化した物は新品と交換したください。
  • 強磁力のため電子医療機器(ペースメーカーなど)、磁性体記録媒体(DVD、磁気カードなど)や各種電子機器(時計、携帯電話、パソコンなど)に近づけないでください。
  • 回転子の保管は異なるサイズを近づけると磁力の劣化が早まるため、同じサイズをペアで保管してください。また硬い場所に落とすなどの強い衝撃を加えることも磁力の劣化を招きます。

▶ 回転子の製品情報はこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

06-6325-1406

受付 / 平日9:00~17:30

お問い合わせはこちらから

取扱製品は理化学・試薬・医療器・機械工具等の専門業者様経由で販売しております。