ガロン瓶用 廃液回収ボトルキャップの特徴

HOME > お役立ち情報 > ガロン瓶用 廃液回収ボトルキャップの特徴
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガロン瓶用 廃液回収ボトルキャップの特徴


特長
  • 持ち手付き褐色ガロン瓶のネジ規格はGL38で、国内で流通している試薬瓶やビュレット瓶等(ネジ規格38-400、38-410、38-415、38-430)の全てで使用できます。
  • 白色ボディトップにある2~4個のメスルアーポートに外径1/8″フッ素樹脂チューブを貫通させて接続するガロン瓶ボトルキャップです。
  • メスルアーポートには下記別売アクセサリーや市販の各種注射筒のオスルアー部も差し込めます。ポート間隔はポート数2タイプが10mm、3タイプが8mm、4タイプが5mmです。
  • ボディトップの中央に汚染物の吸入を防ぐPTFE製10μmインレットフィルターと内側にボトル内の陰圧を平衡させるバイトン製チェックバルブが有るタイプと無いタイプがあります。
  • 青色キャップはポリプロピレン(PP)製、接液する白色ボディはPTFE製。
  • キャップの取り付け、取り外し中はポートに既に接続済のチューブが捻じれないようにしながら、キャップ部のみをフリーに回せる構造です。



※バイトン®はDUPONT社の商標登録です。

▶ ボトルキャップの製品情報はこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

06-6325-1406

受付 / 平日9:00~17:30

お問い合わせはこちらから

取扱製品は理化学・試薬・医療器・機械工具等の専門業者様経由で販売しております。